同じ姿勢でいると身体が固まってしまうのは何故か?

同じ姿勢を続けると血行が悪くなるので、体が固まります。

筋肉が伸び縮せずに血液が滞ってしまうので、筋肉に酸素や栄養が供給されずにさらに固くなるのです。

そして固まった筋肉は、血管を圧迫してさらに血行が悪くなります。

悪循環を繰り返して、筋肉が固くなります。

同じ姿勢でいる

筋肉の血行が悪くなる

筋肉に酸素や栄養が供給されずに固まる

硬くなった筋肉が血管を圧迫

筋肉の血行が悪くなる

これを繰り返す

悪循環を断ち切ると、筋肉や体が固まらなくなります。

体を動かして筋肉が固まらないようにして行きましょう

体を動かさないと血行悪化の悪循環により、筋肉が固まります。

そのまま筋肉が固まると、さらなる悪循環で体全体が固くなったり、あちこちで痛みを感じるようになります。

体を動かさなくても生きていけます。

しかし、その状況に甘んじていると、筋肉が固まって、体のゆがんだり、関節を動かしづらくなったりします。

同じ姿勢を続ける状態をなるべく避け、体を動かす習慣を身に付けて筋肉が固まらにようにしていきましょう。

#体が固まる
#掛川トレーナー
 
 

関連記事

  1. その骨盤が歪んでしまうと、体調不良を引き起こす

  2. 身体の土台は骨盤から!